2009年10月22日

配ぜん用エレベーターに女性転落

配ぜん用エレベーターに女性転落、けが 東京の特養

 20日午後0時10分ごろ、東京都北区浮間3丁目の特別養護老人ホーム「浮間さくら荘」で、ボランティアの女性(69)が1階食堂から荷物専用エレベーターで配膳(はいぜん)台を地下1階に下ろそうとして、昇降路内に転落した。かごがない状態で、女性は約3メートル下の地下1階まで落ち、肩を強く打ってけがを負った。赤羽署は業務上過失傷害の疑いもあるとみて、事故原因を調べている。 >>続きを読む

 女性は入所者の昼食を片づける作業中で、かご(幅0.9メートル、奥行き1メートル、高さ1.2メートル)が到着したことを示すランプが点灯したため手動で扉を開け、配膳台をエレベーター内に入れようとして台ごと転落したらしい。

posted by nappawindy at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。