2009年10月20日

郵便局強盗未遂受け防犯研修会

郵便局強盗未遂受け防犯研修会

局長が実際の経験を教訓に

 京都市山科区の山科四宮郵便局で16日に強盗未遂事件が起きたことを受け、山科署は19日、管内の山科区と伏見区の18人の郵便局長を集め、緊急の防犯研修会を同署で開いた。山科四宮郵便局の山本登局長(53)が事件当時の状況を語り、冷静になるため繰り返し訓練をする必要性を訴えた。 >>続きを読む

 山本局長は「当時は客が8人と多く、犯人が刃物でカウンターをたたく音で、ようやく犯行に気づいた。女性客を人質に取られて慌て、警察への通報ベルと非常ベルを間違えて押してしまった」と振り返ったとか・・・

posted by nappawindy at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130772213
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。