2009年09月27日

冤罪防止に可視化を 大阪弁護士会

「冤罪防止に可視化を」大阪弁護士会が菅家さん招きシンポ

 取り調べの可視化を推進する大阪弁護士会主催のシンポジウム「裁判員になったら、あなたは冤罪(えんざい)を見抜けますか!?」が26日、大阪市北区西天満の大阪弁護士会館で開かれた。足利事件で再審無罪が確実になった菅家利和さん(62)が出席し、「私と同じ冤罪を作らないため、全面的に可視化してもらいたい」と訴えた。>>続きを読む

 枚方談合事件で競売入札妨害(談合)の罪に問われ、無罪が確定した小堀隆恒元枚方市副市長(63)も出席。「『2度と枚方に住めないようにしてやる』などと怒鳴る人権無視の取り調べが繰り返された。可視化しないと冤罪が生まれる」と主張したという。

posted by nappawindy at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。