2009年09月13日

暴行:追手風親方相手に元床山が500万円求め提訴

暴行:追手風親方相手に元床山が500万円求め提訴

 大相撲の追手風(おいてかぜ)親方(元前頭・大翔山)が3月に部屋所属の床山を殴ってけがをさせた問題で、退職した元床山の男性(23)が追手風親方に慰謝料500万円を求める訴訟を熊本地裁に起こしたことが12日、分かった。追手風親方が明らかにした。8月に提訴され、10月に第1回口頭弁論が開かれる見通し。>>続きを読む

 追手風親方によると、3月下旬、堺市の追手風部屋宿舎で床山の顔などを数回殴った。床山は打撲などで全治3週間と診断され、4月に退職した。親方は「床山が新弟子をいじめていたため、しつけの意味で殴った」と話している。これに対し、元床山の男性は「いじめたことはない」と主張しているという。

posted by nappawindy at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。