2009年08月18日

イラン拘束の仏人女性、保釈金で何とかなりそう?

保釈金は約2800万円 イラン拘束の仏人女性

 イランのファルス通信は17日、6月のイラン大統領選後に「スパイ容疑」で拘束され、16日に保釈された同国在住のフランス人女性で大学講師のクロチルド・レスさん(24)の保釈金が約30億イランリアル(約2800万円)に上ると報じた。>>続きを読む

 クリントンが北朝鮮へ乗り込んだようなことは、できないのかなぁ。イランが喜ぶ土産物は、保釈金しかないのか?どっちにしろ、北朝鮮と同じか!

posted by nappawindy at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125993551
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。