2009年08月17日

替え玉殺人、中国人妻「私は無罪」

替え玉殺人、中国人妻「私は無罪」 大阪地裁初公判

 2001年から02年にかけて大阪市の加藤善一郎さん(当時77)と、加藤さんの替え玉にされた男性2人が殺害された事件で、殺人や詐欺などの罪に問われた加藤さんの妻で中国籍の尹麗娜(イン・リナ)被告(53)の初公判が17日、大阪地裁(長井秀典裁判長)で開かれた。尹被告は3人の殺害について「私は無罪です」と起訴状の内容を否認した。>>続きを読む

 加藤さんの財産をだまし取ったとされる詐欺罪に関しても「妻として生活費のため(加藤さんから)『払い戻してよい』と言われていた」と無罪を主張。一方、有印私文書偽造・同行使罪などは起訴状の内容を認めたらしい。

posted by nappawindy at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。