2009年08月09日

モーリタニアの仏大使館に自爆攻撃

モーリタニアの仏大使館に自爆攻撃、警備員2人負傷

 [ヌアクショット 8日 ロイター] 西アフリカのモーリタニアの首都ヌアクショットにあるフランス大使館周辺で8日、男が爆弾を爆発させて死亡したと、大使館関係筋が明かした。この爆発で警備員2人が軽いけがをした。>>続きを読む

 モーリタニアでは、昨年のクーデターを主導し先月の大統領選で勝利したアブドルアジズ大統領が、5日に就任宣誓を行ったばかり。同大統領はアルカイダとの対決姿勢を打ち出しており、フランス政府もこれを支持していたらしい。

posted by nappawindy at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125357785
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。