2009年06月08日

スパコン国家プロジェクト NEC脱落の真相

スパコン国家プロジェクト NEC脱落の真相

 NECが文部科学省の10ペタFLOPS(毎秒1000兆回の浮動小数点演算)「次世代スーパーコンピュータ」の試作・製造を前に突如、白旗を掲げた。スーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500」で2011年6月に世界第1位獲得を狙う日本政府の野望は、残された富士通に期待するしかないという情勢になった。 >>続きを読む

 次世代スパコンの開発で生じる09年度の「100億円の負担」(NEC広報)は、来年3月期の同社の命運を左右しかねないとか。今、景気状況では無理するわけに行かないよねぇ〜

posted by nappawindy at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。